蜂の子が疲労回復に効く理由とは?

蜂の子には豊富なアミノ酸

蜂の子は昔から冬の山間部などで滋養強壮の貴重な食材として食されてきたものです。不足しがちなたんぱく質だけでなく、ビタミンやアミノ酸の補給としてとてもバランスのとれた食べ物として知恵が受け継がれてきたものです。

栄養価が最も高いのは生後21日目の羽化直前のオスバチのサナギが良いとされていて、蜂の子のサプリメントに使用されるのはこの生後21日目のオスバチが多いようです。

ミツバチの巣は、1匹の女王蜂と2%のオスバチと残り98%が雌の働きバチで構成されています。オスはそもそもとても数が少なく、ミツバチの巣の中で他の蜂の子とは別の、特別食を食べて育ちます。そのため他の蜂の子よりも栄養価が高くなるのだと考えられています。

蜂の子には炭水化物やタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルと5大栄養素といわれる健康維持にとても重要な栄養素がバランスよく含まれています。特にたんぱく質生成の原材料となるアミノ酸については、人間が体内で自力で生成できない必須アミノ酸を含むとても多くのアミノ酸が含まれていて食材としては理想的なものといえるのです。 気になる蜂の子の味についても参考にご覧ください。

アミノ酸は身体の土台を作るのはもちろん、自律神経の働きを整えたり、活力ある身体の活動を支えたりと人が活動的に生きていくためには欠かせない物質なのです。そのバランスが乱れてしまうと、心身の不調が出てしまうほど重要な栄養素なので、それをバランスよく含んでいる蜂の子サプリメントには大きな期待ができるのです。 これを機に蜂の子を摂取してみてはいかがでしょうか。